--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.26 『銀のエンゼル』

ケーブルで見ました。『銀のエンゼル』
主演は小日向文世。監督は鈴井貴之(ミスター)。

<あらすじ>
国道沿いのコンビニエンスストア。オーナーの北島昇一(小日向文世)は、妻で店長の佐和子(浅田美代子)に店を任せて、気ままな毎日を送っていた。だがそんなある日のこと、佐和子が突然の交通事故で入院。妻の代わりに深夜の勤務に就く羽目になった昇一の毎日はガラリと変わり始める。
おまけに会話が途絶えがちな娘の由希(佐藤めぐみ)と向き合わなくてはならない・・・。


普通に感動しちゃったよ。(笑)ほのぼのというか。あったかい作品でした。
主人公が小日向さんてのが良いね なんか好きなんですよ、小日向さん。(笑)笑顔がめっちゃキュートなんですよ主人公は情けないんです(笑)でも、その情けなさが良いんですよね。魅力的に思える。
登場人物がそれぞれなんか気になる感じなんですよ。キャラそれぞれが魅力的?というか。私は大泉さんの演じてたローソンにトラックで荷物を運んでくる人が好きです(笑)(大泉さんだからか? 笑)あと、北島昇一(小日向文世)と一緒に夜勤していた、コンビニ店員(西島秀俊)。この店員にはラストで「え?!そういう人やったん?!」と思わされます(笑)

あと、時々映る北海道の景色がめっちゃ綺麗やった それが凄い印象的。ミスターの北海道への愛が伝わってきた。(笑)
映像にも、ストーリー的にもステキだなと思わされちゃいました。(笑) 
今日コンビニ行ったときも、「小日向さん・・・」って思っちゃったよ(笑)
好きです、この映画 (笑)一度見てみてください

銀のエンゼル・・・1枚じゃ意味がなく、5枚揃ってこそ幸福が舞い込んでくる・・・ステキですね

北海道行きたくなっちゃったよ(笑)




銀のエンゼル



この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
2006.10.26 『裏窓』

学校の授業で見ました。結構古い作品です。1954年の作品。
主演はジェームズ・ステュアート。監督はアルフレッド・ヒッチコック監督でございます。

<あらすじ>
カメラマンを本職とするジェフは事故で足を骨折し車椅子生活を余儀なくされる。そんな彼にできる楽しみは、カメラの望遠レンズを使って裏窓から見る隣のアパートの住人達の人間模様の観察であった。
ある日、いつも口喧嘩が絶えなかった中年夫婦の妻が、突如として姿を消す。セールスマンである夫の怪しい挙動を観察していたジェフは、数々の状況証拠から殺人事件と確信し、美しい恋人リザと共に調査に当たるが、事件を認めない友人の刑事を納得させるめ、確たる証拠を掴もうとする二人に危機が迫り……。


主人公は骨折していて、部屋から一歩も出ません。(笑)
主人公は部屋の中から、隣人たちの人間模様を観察する(いわば、覗きです。)のが日々の楽しみ(?)で、観察している中で、隣人が殺人事件を起こしたのではないかということに気づくんですが、途中、観察してる人の声は聞こえず、ずっとその覗いてる人の行動を観察って感じなので、ちょっとつまらなく感じたところもありました。
でも、ラストはハラハラドキドキでしたカメラワーク(映画をみている観客の目線)がずっと主人公目線で、覗いてる部屋も、主人公が見えてる部分しか見えないので、ハラハラドキドキ感が増すというか。
とにかく、カメラワークが面白い作品です。全体的には面白かったです。少しつまらなくなってしまいそうな、ずっとその覗いてる人の行動を観察しているだけのシーンもあるからこそ、面白いんですよ。うまく作られてるなあと思いました。

裏窓



この商品の詳細を見る
2006.10.25 『river』

ケーブルテレビでやってました。『river』
監督は鈴井貴之監督。(水曜どうでしょう好きの方ならわかると思います。ミスターこと鈴井さんです 笑)
出演は、大泉洋さん、安田顕さん所属する演劇ユニットTEAM NACSの方々。などなど・・・

あらすじ・・・
警邏中に通り魔に遭遇したものの、拳銃に弾を入れていなかったがために人質の女性を見殺しにしてしまった実直な警察官、佐々木耕一。佐々木のせいで大切な恋人を失った藤沢聡。交通事故によってオリンピックの夢を断たれたスキージャンプの選手、九重達也。幼い頃、イジメに遭った横井茂。4人それぞれが忌まわしい過去を持つ。ある日、同窓会で会った4人は謎の男が提案した「記憶を操作できる薬」を北海薬品工業から盗み出す計画に参加する。しかしそれがある男の復讐劇の始まりであったことは知る由も無かった…。

たまたまケーブルで、ミスターこと鈴井さんが作った映画特集(?)みたいなのをやってて、見てみました(笑)
カメラワークとか表現の仕方とかで面白いなーと思うとこが結構ありました。本間ミスターは多才だねー
ラストの方で犯人の後ろにずらーっと、“友情”って書かれた書道の作品が飾られてたのは怖かった(笑)
大泉さんも、ただの面白い人じゃあないですよ(笑)私は彼の演技も好きですよ。(笑)

私は、ミスターが監督した映画の中では『銀のエンゼル』が好きだなー
『銀のエンゼル』のコメントはまた後日・・・。

river



この商品の詳細を見る
2006.10.25 『スリーピーホロウ』

コレは家で見ました。(笑)スリーピーホロウ
私が大好きなジョニーデップ主演の作品ですよ~
そして監督は、ティム・バートン。これまた私の好きな監督。
(この二人はよく一緒に仕事してますねー)

あらすじを・・・

時は1799年。N.Y.郊外の村、スリーピー・ホロウでは“首なし連続殺人事件”が起こっていた。N.Y.市警から捜査にきたイカボット(ジョニーデップ)は迷信を無視し、科学的に真犯人を突き止めようとするが、彼自身も“首なし騎士”に襲われてしまう。彼は、地主の娘と父を騎士に殺された少年の協力を得て調査に乗り出すが…。

いや~結構グロかった。(笑)なんとなく話の内容は知っていたんだけど、村人めっちゃ殺られてたし(汗)途中あまりにズバズバ殺られるから頭抱えちゃったよ・・・(笑)
ストーリー的には、ハラハラドキドキって感じで結構面白かったです。ホラーだけど、ファンタジー要素もある感じで。
美術的な面ではかなり好き 連続殺人が起こってる町なので、全体的に暗く陰気な感じなんだけど、美しいなと思いました。色の使い方が上手いなと。映像美ですね さすが、ティム・バートン ティム・バートンワールドに引き込まれた感じです。
あと、やっぱりジョニーデップ!良い!! いつも色気たっぷり(笑)今回の役は、ちょこっと小心者の刑事さんだったんだけど、ジョニーデップが演じるとどんな役も魅力的に見えてしまうのは私だけですか?(笑)

全体的には結構好きな作品です
ティム・バートン&ジョニーの組み合わせの時点でステキ要素満載ですから(笑)

スリーピー・ホロウ



この商品の詳細を見る
2006.10.24 キャストアウェイ

またまたテープライブラリーで見ました。
今回は『キャストアウェイ』
主演トムハンクス。監督はロバート・ゼメキス監督(私のお気に入り映画バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズの監督)、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグ。すごいメンツだなあ(笑)

大まかなあらすじをば・・・
宅配便フェデックスのシステム・エンジニア、チャック・ノーランド(トム・ハンクス)は、日々時間に、仕事に追われ、少々ワーカホリック気味の毎日。恋人ケリー(ヘレン・ハント)と久しぶりに時間を過ごした後、南米行きの飛行機へ乗り込んだ。しかしその飛行機は、太平洋上で墜落。ふと気がつくと、チャックは無人島に流れ着いていた。近くを通る船はなく、彼はたった一人で、さまざまな工夫を凝らし、無人島で生活する術を身につけていく。友達はバレーボールのウィルソンだけだった・・・

これまた良い作品だった。結構感動した。途中の無人島のシーンはトムハンクスしかでてないんだけど(ま、無人島なんであたりまえ)、凄いねトムハンクス。彼の演技あってこそです、この映画。
トムハンクス最初の方のシーンではお腹がちょっとでてて(笑)中年太りみたいな感じだったのに、無人島での生活が過ぎていくにつれて、や、痩せてる!すごい!(笑)ほんま、明らかに体系変わってるから。すごいねー。

無人島でのシーンは見ていて痛々しいシーンが結構あったけど、見ていて私が一番うわ~と思ったのは、歯のシーンですね。痛々しい・・・。ちょっと画面から顔をそむけたよ。(笑)
でも、“生きる”って大変なことなんだなと思った。私達は便利なモンもいっぱいあるし、生きていくには不自由はほとんどないけど、もし自分が無人島に一人だったら生きていけないだろうなとしみじみ思った。みんな一人では生きていきていけないんだよ。
この無人島のシーン、ほとんど音楽がないんですよ。孤独感が強調されてる感じで・・・寂しいし、切なすぎですから。(笑)

私はラストが良かったと思う。元の現実世界(?)に戻れるんだけど・・・。いろいろあるんですよ。戻ってこれたけど、辛い・・・というか。いや、かなり切ないんだけど、でも、ああいう結末だからこそこの映画はよかったと思うんですよ。いや、ほんと切ないんだって・・・!!
あと、「あなた宛ての宅配便のおかげで命が救われました」っていうのも結構感動したなー。
あと、バレーボールのウィルソンが好き。(笑)
「ウィルソォォォ~~ン!!」(笑)
(↑映画見たらどのシーンか分かると思います 笑)
私のなかでは助演男優賞です。(笑)

気になる方は映画見てみて下さい(笑)
私は無人島のシーンも(痛々しかったけど)わりとすんなり見れたんだけど、無人島のシーンは登場人物一人だし、台詞もあんまりないし、つまんないなーと思う人もいるだろうな。痛々しいのが苦手な人には辛いかも。
でも、いい映画だと思うので、ぜひ。

キャスト・アウェイ



この商品の詳細を見る
2006.10.18 あ・・・杉村太蔵・・・

今日一人で買い物に行くとき、駅前を通ったら、前から選挙カーが。
日曜選挙なんですよ。だからだなーと思ってたら、
「○○○○をよろしくお願いします! 杉村太蔵です!」

え??(笑)

生杉村議員見ました!!(笑)
ちゃっかり自分の名前も言ってました(笑)


2006.10.18 『ペイ・フォワード』

私、火曜の3限が空なんですよ。で、その時間を利用して、最近学校のテープライブラリーで映画見てます。
まあ、全部見終わることはできないんだけど、2週にわたって見てます(笑)

で、今回はずっと気になっていた、2000年(だったかな?)の作品、
『ペイ・フォワード』を観ました。
あの、天才子役(もう今は子役ではないか)ハーレイ・ジョエル・オスメント君が出てる作品でございます。

おおまかなあらすじを・・・

ハーレイ君演じる少年トレバーは、社会科の授業で「世界を変るために何ができるか」という課題が出されたことをきっかけに、あるアイディアを思いつく。そのアイデアとは、人から受けた厚意をその相手に対して恩返し=“ペイ・バック”するのではなく、 他の誰かに違う形で先贈りして善意を広げていく=“ペイ・フォワード”
シンプルかつ奇想天外なこのアイディアは、いつしか複雑な世界に生きる大人たちの心を癒してゆくようになる。

うん、いい作品です!私は好きですね。やっぱりハーレイ君はすごいよ。彼の演技にかなり引き込まれた!「AI」でも、彼の演技はすごい!って思ったけど、やっぱり良いね~ハーレイ君
トレバー君だけの話じゃなくて、社会の先生シモネットとトレバーの母のラブストーリーでもあって、この二人をくっつけようとしているトレバーがめっちゃかわいい!
さらに、“ペイ・フォワード”の運動を考えたのは誰かということを記事にしようとしている記者の足取りも平行して進んでて、記者がトレバーに行き着くまでに“ペイ・フォワード”を実行した人達に会っていくんだけど、このそれぞれの人のよい行いがどんどん他の人に伝わってって、いろんな人が救われていく“ペイ・フォワード”という運動に感動した。

今の世の中でも、“ペイ・フォワード”を実行していったら、世界中の人々がちょっとずつでも、幸せになれるんじゃないかと思うなあ。
jacket.jpg

2006.10.16 ゲーム大会★

今日はネズメンで、我が家でゲーム大会しました(笑)
今回は、私も含め、5人で集合!
マリオカートで盛り上がったよ!(笑)
・・・爆弾マン・・・(笑)

ゲーム大会後は、夜ご飯食べに行きました。
どまどま。
いっぱい食べた
どまどまの店員さんは皆ステキやね♪
皆お客さんに対してめっちゃ笑顔で対応してて、
すごいなーと思いました。(笑)

次、皆に会うのは学祭ですかね
次もまた楽しみです
2006.10.13 くまさん。

『くまの学校』って絵本の12匹(頭)のこぐまさんがかわいすぎるっ…!!
古墳GALのコフィーちゃん以来のHIT!!(笑)

く、くまさん…(*-ω-*)(笑)
2006.10.11 お腹いっぱい♪

20061011231936
今日は母さんと新しくできたマイ●ル行きました。
で、お昼は太陽のごちそうって店でバイキング♪(写真↑)
バイキングって調子にのっちゃうよね(笑)お腹パンパンでしたよ(笑)
そのあと店見てまわりました。かなり広かった!テーマパークかよっ!って思った(笑) ブーツさがしてたんやけど、なんかいいのがみつかんなかったよ。残念。今欲しいモノ多し。(笑)いやぁ、広かった!
今度は車で行きたいものです(笑)
2006.10.07 人の優しさ。

今日は3限休講で、2限の必修だけのために学校行きました。
朝、家出るとき曇ってたんですが、雨は降らないだろうと思って傘持って行かなかったんです。
で、大学の最寄り駅に着いたら、雨が降り出してて、でも小雨やし大丈夫だと思って、途中の百均とかで傘買ったりもせずに、歩いてたんですが、まだ学校までの距離が結構あるのに、雨がかなりひどくなってきて。かばんを傘代わりにして歩いてたんですが、もうびしょびしょな感じで(笑)やばいなーと思ってたら、
「入りますか?」
と、お声をかけて下さった方が!!
(私の姿がそうとうみじめだったんでしょうか 笑)
「す、スイマセン…」と言って、なんか自然に入れてもらっちゃいました(笑)
入れてもらったものの、恥ずかしいし(笑)、何しゃべっていいかもわからず、暫く黙ったままで歩いてたんです(笑)
そしたら、向こうから話しかけてくださいました(笑)
ちょっとした会話をしながら、学校まで傘に入れてもらって、
「スイマセンでした。助かりましたー。ありがとうございましたー!」って言ってわかれたんですが、もっとちゃんとお礼したかった!!
隣に並んで歩いてたので、顔もあまりはっきりとは覚えてないと思うし。(まじめそうな方という印象だった)
次に学校で出会っても分からないだろうなー。。
私と同じ文学部で、土曜に必修があって、この間まで留学されてた男性ということしかわかんないし(笑)

今日、私を傘に入れてくださった方、ほんっとうにありがとうございました!!めっちゃ助かりました!!

他人にこういう親切をできる人ってステキですね。
すごく尊敬します!

なんか、心優しい方に出会えて、心が温かくなり、今日一日ハッピーでした♪
2006.10.06 お?

今日は知り合いに会う確率が高かった。
まず、学校で、バイト先の男の先輩に会った。
その後、帰りに、電車を待ってたら、高校のとき同じ部だったK君を発見しました。声かけたら、驚いてました(笑)
単位がやばいみたいで、大変そうでした(笑)

てか、二人しか会ってないですね。(笑)
ま、でも、珍しいですよ?普段一緒にいる友達以外で二人も知り合いに会うなんて。(笑)
2006.10.05 やっぱり映画。

今日の米文学作品研究の授業は、前回見た『ダーティーハリー』の解説でした。映画は奥が深いねー。最近あまり映画見てないんだけど、やっぱ映画はいいなーと改めて思いました。
授業で映画を観ると、真剣に観ようとするので、内容を深いところまで理解できたり、こんな表現の仕方もしてたのかーと気づいたりもできて、面白いです
普段映画観てても、そんなに深く考えて観てないので。(笑)
特に今回の授業の解説では、驚きが結構ありました。
そんなとこにそんな表現があったのか!というとこが結構あって、すごい感心しちゃいました。(笑)
先生の考えにも結構納得した。

いやー、映画って面白いね。
2006.10.03 実写版って。

昨日、実写版のコナンやってましたね。
実写版やるらしいって聞いたときから、気になってたんですけど(笑)、なんか見てるこっちが恥ずかしかった(笑)
金田一少年の事件簿とかは、ドラマ好きだったけど。
コナンのドラマは恥ずかしすぎる!(笑)
まあ、小栗君はかっこよかったけども。
目暮警部とか、あんなんワラかしにかかってるやん(笑)
小五郎役の陣内さんは熱演過ぎて笑った。

まあ、いろんな意味で面白かったです。(笑)
2006.10.01 最近のブーム。

最近、とんねるずのみなさんのおかげでした内でたまにやってる、「細かすぎて伝わらないものまね選手権」がかなりブーム。(笑)
多分一回目から見ているこのコーナー。児玉清のモノマネしてる博多花丸も、このコーナーからブレイク!(笑) 
家族内ではリアルに吐く人のモノマネがブーム(笑)

私はやっぱシュールな感じが好きなのか?(笑)
「水曜どうでしょう」といい・・・(笑)

てか、お笑いの番組とか、バラエティー番組見すぎやね。

“笑う”っていいことだから、まっ、いっか。(笑)
2006.10.01 仲間発見!!

今日ってか、昨日(土曜ね)!
「水曜どうでしょう」仲間をめっちゃ身近で発見した!(笑)
大学の友達とお昼食べてたんやけども、その子が、私がつけてるよしこからもらった、どうでしょうストラップを見て、
「こ、これって!」
っていうから、何かと思ったよ(笑)
「私も、好き!」
「まじで!?」
みたいなね。(笑)
お互い、バイトで番組が見れないときは、ビデオに撮ってまで見てることが発覚!(笑)
な、仲間だぁ!!(笑)
これで、「どうでしょう」バナシができる(笑)

昨日は5時からバイトだったー。昨日は、サラダやってました。
新メニューになってから、初サラダだったからちょっと焦った(笑)
おない年の女の子と笑いながらサラダやってました(笑)
やっぱ、サラダ作る方が楽しいよ。うん。
ま、私は、料理っていうか、美術の作品を仕上げる感じで作ってますけど(笑)ま、今日はなんとか、大したミスもせずに、無事バイトを終えました(笑)

あー、明日は家の用事で朝7時起きだ。起きれん。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。