--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.30 ふと、思う。

なんか、たまーに、自分を見失いそうになります。

自分は何を求めてるんだろとか。

急に冷めた目で周りをみてしまったり。恋愛や人間関係にかぎらず。

必要とされたいくせに、自分からはいかない。
昔から、私にはそういうところがあると思います。

きっと自分を必要としてくれる人のそばにいるのが幸せなんだろうけど。

恋愛に関して私の基準としてるところが自分でもわからない。
なんなんだろうね。

私は男女間の友人関係ってありだと思う方だし。
でも、振り返ってみれば、なかなかそういう友人関係って成り立ってなかったような気はしますが;

難しいよね~。

あいかわらず、意味不明な内容だなあ。w

スポンサーサイト
2008.05.30 『僕の彼女はサイボーグ』

1006038_01.jpg


監督:クァク・ジェヨン
キャスト:綾瀬はるか
     小出恵介
     桐谷健太            ほか


*Story*
20歳の誕生日、祝ってくれる友達もいないジローは、街で“彼女”と出会う。最高に楽しい一日を過ごすが、誕生日が終わる頃、彼女は姿を消してしまい、それから会うことはなかった。1年が過ぎ、去年と同じように一人で誕生日を祝っているジローの前に、“彼女”は現れた。必ずまた会えると信じていたジローは喜ぶが、再会した彼女は何だか去年と違うような…。実は、“彼女”は未来から送り込まれたサイボーグだった....


先輩が試写会に誘ってくださったので、一足早く見てきました^^




ネタバレOKなら続きをどうぞ↓
... read more
2008.05.24 Love story

恋愛って難しい。
素晴らしいものでもあるけど、時に残酷なものでもある。
喜びや幸せ、苦しさや痛み、その両方の面を与える。
だからこそ、成長できるのかもしれないけど。

難しいね、ほんと。

私は真面目すぎるんだろうな、きっと。


皆が幸せになれればいいのになあ。
2008.05.20 『アイランド』

アイランドアイランド
(2008/06/11)
ユアン・マクレガー

商品詳細を見る


監督:マイケル・ベイ
キャスト:ユアン・マクレガー
     スカーレット・ヨハンソン
     ジャイモン・フンスー           ほか


*Story*
安全で快適なコミュニティで暮すリンカーン(ユアン・マクレガー)は、自分が人間に肉体のパーツを提供するために作られたクローンであることを知ってしまう。そこで恋人・ジョーダン(スカーレット・ヨハンソン)とともに外の世界へ脱出するが……


ネタバレOKなら続きをどうぞ↓
... read more
2008.05.20 『バイオハザードⅢ』

バイオハザードIII デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)バイオハザードIII デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
(2008/03/19)
ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター 他

商品詳細を見る


監督:ラッセル・マルケイ
キャスト:ミラ・ジョヴォヴィッチ
     オデット・フェール
     アリ・ラーター          ほか

*Story*
前作の惨劇から8年。感染は全世界へ広がり地上が砂漠と化す中、ラクーンシティの生存者たちは、アラスカを目指してネバダ州の砂漠を横断していた。そこですべての元凶であるアンブレラ社の巨大な陰謀を阻止するため闘い続けるアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、離ればなれになっていたカルロス(オデッド・フェール)と生存者一団に遭遇する・・・・


ネタバレOKなら続きをどうぞ↓
... read more
2008.05.20 『アイ・アム・レジェンド』

アイ・アム・レジェンド (Blu-ray Disc)アイ・アム・レジェンド (Blu-ray Disc)
(2008/04/24)
ウィル・スミス、アリーシー・ブラガ 他

商品詳細を見る


監督:フランシス・ローレン
キャスト:ウィル・スミス
     アリシー・ブラガ
     ダッシュ・ミホク
     チャーリー・ターハン
     サリー・リチャードソン     ほか


*story*
2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残る。彼は究極の孤独と闘いながら愛犬サムとともに3年間もの間、ほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続け、人類再生の道を探ってきたが、彼に謎の敵が迫っていた。



ネタバレOKなら続きをどうぞ↓
... read more
2008.05.19 笑

今日のオシャレイズムに我らが大泉洋先生が出てましたね。^^
久々に、「水曜どうでしょう」とか、ドラマ以外のテレビ番組で大泉先生を見ましたよ。
あいかわらずおもろい。w
てか、大泉さん、器ちっさ!!w
実際、身近に大泉さんいたらうざいんやろな。w

でも、さすが。どの番組出ても、ちゃんと笑いをとっていきますね。



大泉さん以外で久々に私の心をつかんだのが、
中日ドラゴンズのマスコットのドアラ。w
120934668029116109489.jpg

↑このポーズ。笑

私は巨人ファンなので、完全敵ですが。w

トラッキー(阪神のマスコット)とか、球団のマスコットは昔から割と好きだったのだけども。

ドアラ、おもしろすぎる。w
ゆるすぎる。w

妹が、「ドアラがアツい。」といってた意味がわかりました。w

ちょこっと、ウィキペディアからドアラの紹介を抜粋↓

ドラゴンズマスコットのアクション担当。
性別は男。年齢は「アルコールはOK」歳、身長は「アジアの頂点」cm、体重は「圧倒的な存在感」kg(この3つは「ドアラのひみつ」より)[1]。

頭はコアラ、胴体は細身の引き締まったヒトの形で、野球ボールのような青くて大きな丸いしっぽを有する。

イベント等でスーツを着用する事があるが、その際にはしっぽを出す為にズボンの前後を逆にする。これはしっぽをしまうと死んでしまうため。ちなみにこのスーツはAOKIの「もてスリム」

ファンから付けられた異名は「荒ぶる有袋類」「フリーダム」等。その一方で、棒立ちになったまま微動だにしないといった奇行(ファンの間では『静止芸』と呼ばれる)も。

年収はパンの現物支給主食は5枚切りのパン
使用しているシャンプーはブルガリ。使用している暖房器具は石油ファンヒーター

お笑いが好きでお笑い番組を頻繁に見るとのこと(2008年1月2日「中日ドラゴンズ石黒広報トークショー&ドアラもやってくる!」にて)。

この他にも「手羽先」「コーン」も好物。好きなゲームはスーパーファミコンの「パネルでポン」。
将来の夢は「いつも寝ている生活」。


ちなみに、ドアラの好きな(?得意な?)スポーツはサッカーらしいです。w

これはもう完全芸人の域でしょう。笑

ドアラが気になった!!という方は「ドアラ」で検索してみてください。
動画とかも発見できると思います。w

動きがもう芸人ですから。ww


あ~生ドアラ見てみたい!!笑
2008.05.18 『デイ・アフター・トゥモロー』

テレビでやってたので見ました。
デイ・アフター・トゥモローデイ・アフター・トゥモロー
(2008/04/16)
デニス・クエイド

商品詳細を見る


監督:ローランド・エメリッヒ
キャスト:デニス・クエイド
     ジェイク・ギレンホール
      セーラ・ウォード
      エミー・ロッサム

*story*
南極で研究を続ける古代気象学者ジャック・ホール教授(デニス・クエイド)は調査データから地球規模の自然危機を予感する。そして、その4か月後、東京などで異常
... read more
2008.05.16 DECIDE

こういう経験してよかったのかもしれない。

感謝。

責任

これから社会人になるにあたって、今まで以上にしっかり持たなければならない。


実際働いてみないと自分にあってるかなんかわからんけど。
噂ばかりに惑わされて不安でいっぱいだけど、自分自身の考え方次第だし、例え合っていなかったとしても、得意の負けん気でなんとかできるだろ。
やってみないとわからないじゃない。
結局は自分。

今の思いの分頑張る。
あの人のやさしさの分までちゃんと。
2008.05.14 『最高の人生の見つけ方』

久々に映画館で映画を見ました。

『最高の人生の見つけ方』
img084.jpg


監督:ロブ・ライナー
キャスト:ジャック・ニコルソン
     モーガン・フリーマン
     ショーン・ヘイズ
     ロブ・モロー


*STORY*
家族のために懸命に自動車整備に身をささげてきたカーター(モーガン・フリーマン)と、仕事に人生をささげ、金は吐いて捨てるほどあるが友人のいない人生を送ってきた実業家エドワード(ジャック・ニコルソン)は入院先の病院で同室になる。お互いの余命が半年だと知った彼らは、カーターがメモに書いていた、“THE BUCKET LIST”(棺桶リスト:棺桶に入るまでにやっておきたいことリスト)をもとに、やりたいことをすべてやり尽くそうと決意し、無謀にも病院を脱出し、旅に出る。“やりたいことリスト”を手に、さまざまなことに挑戦していく。



CMで気になっていたこの映画。やっぱり素敵映画でした^^
... read more
2008.05.13 そつろん①

今日は真面目に。笑

先週はGWだったために、今日久々にゼミに行ってきた。
といっても、研究が進んでいるかと聞かれれば、全く進んでいないのだけれども。笑

原作(の翻訳)はほぼ読んだんだけれども、ここ最近だらだらしていたために、
残り、2,3章がまだ読めていないまま、ゼミ参加。
でも、ほかの皆もあまあまり進んでいないようだったので、安心。

もう、このまま『スタンド・バイ・ミー』で卒論書くことになるんちゃうかな?きっと。
まだ、作品変えたりはできるのだけれども。

『スタンド・バイ・ミー』は映画から見たので、ゴーディ(物語の語り手)が主人公という印象が強くて(映画ではゴーディが主人公)、原作もそのままの印象で読んでしまっていたので、主人公として描かれているのは、語り手であるゴーディだと勝手に思い込んでしまっていたのだけれど、どうやら、原作の主人公として描かれているのはクリス(ゴーディの友人)らしい。w
確かに、原作を読んでて、すごくクリスを好きになった。w クリスがすごく魅力的に書かれていたのだから当然。だって作者は主人公として描いていたのだから。w
素直にゴーディを主人公と感じたような気もしたんだけど、やっぱり先入観があったのかな。

映画版は、主人公をゴーディに変えることで、原作とはまた違った良さというのがでてる。

原作は、クリスが主人公ということだけど、私は読んでいて、語り手であるゴーディがすごく印象的だったので、主人公と思い込んでいた。語り手であるから、ゴーディの進め方で話は進んでいき、ゴーディの考えや思いがたくさん出てくる。語り手という、話を進める役回りなのだから、印象的だったりするのは当たり前なのだけれど。
全体としては、大人になったゴーディが作家として、この物語(死体探しの旅)を当時を思い出しながら現在進行形で書いているという形。

で、ゴーディはクリスを主人公として書いてるのだけれど、クリスを主人公として描いているゴーディ自身が実は主人公だという見方もできるわけで。

原作者の、スティーブン・キングはクリスを主人公として描いたと言っていたけれど。
原作者の考えに反して、実は語り手であるゴーディが主人公ではないかということを論じるのも面白いかなと。

まだまだ、文献とか全然よんでないから、いまいちどういう方向で論文書くとかあんま定まってないのだけれど。

とりあえず、書き留めておかないと忘れそうなので。w
いろんな方向から見てみないとね~

2008.05.12 ゆうじゅうふだん(○・3・)

私はまだまだ優柔不断だ。
言いように言えば慎重派。

こういう性格だから、何かを決める(た)とき、あまり失敗はしてこなかった。
…と思う。笑

でも、やっぱり決断力てのは必要で。
なんでもスパッと決めたり、行動に移せる人が羨ましい。
決断力は私に欠けてる。物事をあまり楽観的に考えられないタイプなんよね、きっと。

優柔不断とかはやっぱり、自分に自信がないとこからくるのかなぁ(=_=)

ちゃんと自分の意見を持つようにしよ。
自分磨き(外見も内面も)も頑張って。



あー素肌美人になりたーい。笑
2008.05.10 『グリーンマイル』

グリーンマイルグリーンマイル
(2004/01/21)
トム・ハンクス、デヴィッド・モース 他

商品詳細を見る


原作:スティーブン・キング
監督:フランク・ダラボン
キャスト:
トム・ハンクス
デヴィット・モース
マイケル・クラーク・ダンカン
ダグ・ハッチソン
ほか


グリーンマイルは何回みても涙します。
ジョン・コーフィが死刑執行される前に言ってた言葉がすごく胸にきます。


こんなことが毎日起きてるんです。


人間の嫌な部分、悪の部分と、良い部分、善の部分がしっかり描かれてる作品。



見るたび涙です。w
2008.05.05 

最近、我が家にWii Fitがやってきたので、ここ数日うちの中ではありますが、毎日運動してます。
ゲームだから楽しみながらできるところがいいよね

今のところ毎日やってますよ

目指せ!健康的美人!

もーー、とにかく美しくなりたいのですよ!

そんでもって、おしゃれしたい

女性として素敵になりたいのですよ!

肌奇麗になりたーい


今年は学生生活最後だから、内容の濃い1年にしたい!!

いっぱい遊んで
いっぱいしゃべって
いっぱいおしゃれして
いっぱいきれいになって
恋愛もして(これはいっぱいはいいのかわからんからね笑)
いっぱい旅行も行って
ピアスあけて
免許取って
興味ある資格とってみたり

とにかくいろいろしたい!

だから頑張る。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。