--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.28 『スウィニー・トッド』

ずっと観たいと思ってた『スウィニー・トッド』観てきましたよ。

Johnny好き&ミュージカル好き&Johnnyとティムバートンのコラボが好きな私としてはナイスな組み合わせ!(笑)

観てみてのまず第1の感想は、グロい!(笑)

R-15指定の意味がわかりました(笑)
観る前はなんでR-15指定なんかなあと思ってましたが(笑)

ストーリー自体は面白いなと思いました。


ネタバレOKな方は続きをどうぞ☆↓
ストーリーはやっぱりミュージカルのために作られたものなので、舞台で生かせる作品という感じがしたかな。
主人公トッドを見ていて、境遇とかは全く違うけど、オペラ座の怪人のファントムを思い出した。哀れさという面で似ているからなのかも。
曲も良かったです。
ジョニー・デップ歌上手かったよ。(★′3`b)b
あと上手い&聞いていて心地いいと思ったのはジョアナとトビー。

映像に関しても気になったというか、面白いなと思った。
基本的に画面全体がモノクロに近いんよ。トッド達は特に、服装も暗い色、メイクも色白で目の周りが黒かったり。
で、そんな2人が殺人にかかわって。
周りのモノクロに対して血が鮮やか過ぎるくらい明るい赤で、凄く印象的。凄く効果的だなと思った。

ラストシーンは切なかった。トッドが妻を抱きかかえて嘆くシーン。
閉じ込められてたトビーがトッドのカミソリを手にし、トッドに近づいたときには、トッドは気づいてて、逃げなかったんだろうな。
スポンサーサイト
Comment

Secret

 TrackBack
TrackBackURL
→http://blue723.blog49.fc2.com/tb.php/196-0c8471b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。