--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.14 『Little Man Tate』

リトルマン・テイトリトルマン・テイト
(2004/11/20)
ジョディ・フォスター

商品詳細を見る


監督:ジョディー・フォスター
キャスト:ジョディ・フォスター
     ダイアン・ウィースト
     ハリー・コニックJr.
     アダム・ハン=バード     ほか


*Story*
フレッド・テイト(アダム・ハン=バート)は生後数カ月で文字を理解し、4才で詩を書いた。7才の現在、彼はあまりの天才児ゆえに同級生になじめず、世界情勢を気にするあまり胃かいようを患っている。そんなフレッドの唯一の話し相手は母親のディディ(ジョディ・フォスター)だ。少しハスッパなところのある彼女だが、フレッドに対する情愛は美しく、2人だけの生活は素敵なものだった。フレッドの父親が誰なのかは分からない。そんなある日、母子の住むアパートへ、天才児ばかりを集めた英才教育施設を主宰するジェーン・グリアソン博士(ダイアン・ウィースト)が訪ねてきた。ジェーンはフレッドを_頭脳オデッセイ_ツアーに参加させたいという。ディディは一度は断るが、フレッドのために、しぶしぶツアー参加を承諾する....


ジョディー・フォスターが監督だったんですね。
DVDのパッケージには、「超天才児を生んでしまった母親の葛藤と愛を描いたヒューマンドラマ」と書かれますが、これは、天才児であるフレッドの葛藤でしょう。
主に映画で取り上げられてるのは、天才児のフレッドとその母親ディディ、そしてフレッドに英才教育施設への入学等を勧める教育心理学者のジェーン。

それぞれの違い?や葛藤がうまく表現されていたように思います。



ラストの誕生日パーティのシーンが好きです^^
皆が幸せそうで。
一年前のパーティとは違って、フレッドの周りにはたくさんの友達がいるの。

フレッドの語りが入るんだけど

「新しく僕よりも天才なロイ・ヤマザキという生徒が入ってきて僕は一番じゃなくなった。」

でも、フレッドは嬉しそうなんだよね。

一年前のさみしい誕生日パーティとは違うから。





IQが高いことがすぐれてるんじゃなくて、それをどう使うか。


なるほど。確かにそうだ^^











●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○





☆卒論用個人的メモ★

子どもが天才すぎて親の手の届かない存在に。←普通の親子関係とは少し違っている。

◆フレッド
7歳の少年。超天才児。
その天才ぶりがクラスメイトに敬遠され、いつも一人ぼっち。
モーツァルトを弾きこなし、難しい数式もなんなく解く。絵も画家顔負け。
感受性が豊か。


・エディーとのかかわり
一緒にピアノをひいたり、玉突き場に連れて行ってもらったりと、仲良く、遊び友達になったとフレッドは思っていたが、玉突きをしようと再びエディーに会いに行ったときに、自分は子どもで、エディーは大人だという、“子どもと大人”の違いを知らされる。
(・エディーのことば ・エディーの行為)

・電話
フレッドはディディによく電話をかける。⇒天才とはいえまだ子ども。子どもらしい行為。

・ディディからの手紙
中には皆が楽しそうに映っている写真。←その写真に雨粒がかかる。-涙

・テレビ出演
「ママは死んだ」など、めちゃくちゃなことをいう。

テレビ出演後
自分の家に戻って電話を壊している。

ディディがやってきてフレッドを抱きしめる。
その後ろのドアのところにジェーンがやってくるが(影だけ映っている)、ジェーンは二人を見て声をかけずに立ち去る。
⇒母親にはかなわない

・フレッドの誕生日
1年前の誕生日とは違い、フレッドの周りにはたくさんのともだち。
ジェーンとディディは仲良くなっている。
デーモンが「Little Man Tate」という本を持っている。
⇒ジェーンが書こうとしていたフレッドの成長日記の本。

・フレッドの語り
「新しくロイ・ヤマザキという僕よりも天才な生徒が入ってきて、僕は一番ではなくなった。」
⇒しかし、彼の周りにはともだちがたくさん。

◆ディディ(フレッドの母)
シングル・マザー。
ディディにとって、フレッドは愛しい一人息子であり、小さな恋人であり、ダンスのパートナー。
フレッドが英才教育施設に行ったりとジェーンと行動を共にすることが多くなって、ジェーンに母親の役割をとられた気がしている。

・フレッドがテレビ出演しているとき
子どもがプールでおぼれているのを助ける。
少しの間フレッドのテレビ出演が見れなくなる。




◆ジェーン
教育心理学者。
子どもはいない。おそらく結婚していない。
母親らしいことはできない。(料理とか)
いつも勉強のことばかり。
⇒フレッドに「なぜいつも勉強のことばかり考えているの。なぜ本ばかり読んでいるの。なぜ友達が訪ねてこないの。なぜ子どもがいないの。」と聞かれていた。

普段やらない料理を作る。
フレッドの行動を心配。(自転車に気をつけて。帰りが遅い。間違いは直す)
⇒母親ごころの芽生え?


勝手にテレビ出演を決める。
ジェーンがフレッドのネクタイをしめていた。
⇒ジェーンがフレッドを締め付けているみたい。(拘束)

子どもの気持ちを理解しきれていない。
親としての役割をわかっていない。
⇒フレッドが悪い夢を見た時の接し方。
スポンサーサイト
Comment

Secret

 TrackBack
TrackBackURL
→http://blue723.blog49.fc2.com/tb.php/276-9478b9ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。