--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.17 『シンデレラマン』

シンデレラマンシンデレラマン
(2006/10/20)
ラッセル・クロウ

商品詳細を見る


2005年 アメリカ(144分)

監督:ロン・ハワード
キャスト:ラッセル・クロウ
     レネー・ゼルウィガー 
     ポール・ジアマッティ
     クレイグ・ビアーコ      ほか


*Story*
ボクサーとして華やかな戦歴を持つジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)だったが、全盛期も過ぎ、ライセンスを剥奪されてしまう。そのため日雇いの仕事をしながら妻(レニー・ゼルウィガー)や子供たちと暮らしてしたがその生活は貧しく、食べ物を買うことさえもやっとだった....



ゼミで、観なければいけなかったので、鑑賞。
でも、この映画にも子ども出てきてたので、自分のためにもなりました。

多少の脚色はあるとは思いますが、これが実話ってすごいですよね。
いわゆるアメリカンドリームものです。

昔はボクサーとして、華やかな経歴を持っていたけれど、全盛期を過ぎ、ある試合で右腕を骨折したまま試合に出て、ひどい試合をしたために、ライセンスを剥奪されてしまう。
日雇いの仕事をしながらなんとか生活しようとするが、生活は貧しく、食べ物も買えない、挙句の果てに電気も止められてしまう。子どもを他に預けることもしたくない。しかし、骨折していてろくに働けない。結局、元の雇い主の元へ行き、なんとかお金をカンパしてもらう。。。
その姿は、かつてボクサーとして華やかな経歴を持つジムやらすれば屈辱ですよね。

でも、それくらい、1930年頃のアメリカは大恐慌で、失業者が1500万人に達するほど、苦しい生活をしている人々がたくさんいたんですね。

途中、貧しい家庭の子どもと裕福な家庭の子どもが続けて移ったシーンがその貧富の差をあらわしてました。

家庭は、妻もいるし、かわいい子どももいるし、幸せではあるけど、お金がない。
骨折しててもかまわないから試合にでるくらい。

ただ、ちょっと女性からしてみればボビーは勝手なような気もします。家族のためとはいえ、夫が命がけで戦っているなんて妻はすごく不安。勝ったからいいようなものの・・・。


でも、ラストの試合はやばいです。観ていて、痛々しくて、目をつぶっちゃいそうになりましたが、それくらい白熱しちゃう。ハラハラドキドキ・・・。
レニー・ゼルウィガー演じる妻が不安になりながらも試合を聞く、その不安な気持ちがこちらまで伝わってきます。

ラストの盛り上がりがたまらないです。感動します。







♦♫⁺♦・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚・*:..。♦♫⁺♦*

◆個人的メモ◆

1929年頃のアメリカ。大恐慌の時代。

・作中に流れる歌←大恐慌時代を表してる

・日雇いの仕事を皆もらいに行く(1日に雇われるのは5人~9人程度)
当時の失業者1500万人にも達する。

・NY フーヴァー村

・ルーズベルト←大恐慌時代

・緊急救済局

・貧富の差


●ボブ
・かつてはボクサーとして華やかな経歴を持つ
今までKOされたことなし

・ガスと電気の督促状

・日雇い仕事

・食べるものもない
子どもがサラミを盗んでしまう→一緒に返しに行く

・ジェミーの涙
友達が親が食べ物を買えないから伯父のところで暮らすと聞いて、自分もよそへやられてしまうのではないかと不安だった



・試合
右手骨折→しかし、お金がないから骨折を隠し試合に挑む。
→しかし、最悪な試合をし、ライセンスを剥奪される。しかも、お金ももらえない。

・学校へ行けない。
「女の子だから?」

・電気を止められる


妻は子どもを預けてしまう。

夫婦で意見の食い違い。

ジムは子どもを連れ戻すためにお金を集めに行く。
緊急救済局で援助を得る。-貧しい子どもと裕福な子どもが続けて映る。←貧富の差
元々の雇い主のところへ行って、恥は覚悟でお金をカンパしてもらいに行く。
←かつては華やかな経歴を持つボクサーの惨めな姿

子どもたちが帰ってくる。

・1試合だけ・・・
1試合だけという約束で、復帰。
その試合に勝利。
250ドルをゲットするが、借金返済したら、残り5ドル。

また日雇いの仕事に

ライセンスを取り戻すため体を鍛えろと、ジョーが175ドルをジムに貸す。
しかし、妻は反対。→ジムの体が心配

妻はジョーのアパートに押しかける。
が、ジョーの豪華なアパートには何にもないような状態。テーブルがぽつんとある。
それでも、ジムに175ドルを貸している。

ジョーの妻「何かを決意した男を止めることはできない。」-女は見守る

・1934年:vsルイス
・1935年:vsラスキー→あばら骨を骨折
・1935年:vsベア

妻が教会に祈りに行くとたくさんの人-皆ジムのために祈りに来てる

試合前に妻が会いに来る

・こっそり父親の試合をラジオで聞こうとする子どもたち

観客席全体がブラドックコール。


◆特典映像
<カットされたシーン>
・ジョー・ジネット
当時では珍しい黒人のジムオーナー

・ルーズベルトの演説-大恐慌

・炭鉱、港(積荷)で働くジム

・求職者が銃を→しかしつかまる。

・配給食
パン、スープ

・シューズを売る=ボクシングをやめる
スポンサーサイト
Comment

Secret

 TrackBack
TrackBackURL
→http://blue723.blog49.fc2.com/tb.php/279-5fb2b593
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。