--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.24 キャストアウェイ

またまたテープライブラリーで見ました。
今回は『キャストアウェイ』
主演トムハンクス。監督はロバート・ゼメキス監督(私のお気に入り映画バック・トゥ・ザ・フューチャー シリーズの監督)、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグ。すごいメンツだなあ(笑)

大まかなあらすじをば・・・
宅配便フェデックスのシステム・エンジニア、チャック・ノーランド(トム・ハンクス)は、日々時間に、仕事に追われ、少々ワーカホリック気味の毎日。恋人ケリー(ヘレン・ハント)と久しぶりに時間を過ごした後、南米行きの飛行機へ乗り込んだ。しかしその飛行機は、太平洋上で墜落。ふと気がつくと、チャックは無人島に流れ着いていた。近くを通る船はなく、彼はたった一人で、さまざまな工夫を凝らし、無人島で生活する術を身につけていく。友達はバレーボールのウィルソンだけだった・・・

これまた良い作品だった。結構感動した。途中の無人島のシーンはトムハンクスしかでてないんだけど(ま、無人島なんであたりまえ)、凄いねトムハンクス。彼の演技あってこそです、この映画。
トムハンクス最初の方のシーンではお腹がちょっとでてて(笑)中年太りみたいな感じだったのに、無人島での生活が過ぎていくにつれて、や、痩せてる!すごい!(笑)ほんま、明らかに体系変わってるから。すごいねー。

無人島でのシーンは見ていて痛々しいシーンが結構あったけど、見ていて私が一番うわ~と思ったのは、歯のシーンですね。痛々しい・・・。ちょっと画面から顔をそむけたよ。(笑)
でも、“生きる”って大変なことなんだなと思った。私達は便利なモンもいっぱいあるし、生きていくには不自由はほとんどないけど、もし自分が無人島に一人だったら生きていけないだろうなとしみじみ思った。みんな一人では生きていきていけないんだよ。
この無人島のシーン、ほとんど音楽がないんですよ。孤独感が強調されてる感じで・・・寂しいし、切なすぎですから。(笑)

私はラストが良かったと思う。元の現実世界(?)に戻れるんだけど・・・。いろいろあるんですよ。戻ってこれたけど、辛い・・・というか。いや、かなり切ないんだけど、でも、ああいう結末だからこそこの映画はよかったと思うんですよ。いや、ほんと切ないんだって・・・!!
あと、「あなた宛ての宅配便のおかげで命が救われました」っていうのも結構感動したなー。
あと、バレーボールのウィルソンが好き。(笑)
「ウィルソォォォ~~ン!!」(笑)
(↑映画見たらどのシーンか分かると思います 笑)
私のなかでは助演男優賞です。(笑)

気になる方は映画見てみて下さい(笑)
私は無人島のシーンも(痛々しかったけど)わりとすんなり見れたんだけど、無人島のシーンは登場人物一人だし、台詞もあんまりないし、つまんないなーと思う人もいるだろうな。痛々しいのが苦手な人には辛いかも。
でも、いい映画だと思うので、ぜひ。

キャスト・アウェイ



この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
Comment

Secret

 TrackBack
TrackBackURL
→http://blue723.blog49.fc2.com/tb.php/40-7e670afb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。